熊本市で新築・ローコスト住宅といえばペンギンホーム

イベント情報
モデルハウス見学会

建築用語から生まれた言葉[熊本市で新築ローコスト住宅をご検討の皆様へ]

建築から生まれた言葉20201010

こんにちは。ペンギンホーム工務の有田です。

 

用語の多い建築業界、

ペンギンホームのコラムでも用語解説を

たまにしていますが、ほんの氷山の一角に過ぎません。

 

そんな多くの建築用語のなかから

普段使うような言葉も多く生まれています。

言葉の意味は理解して使っていても、

由来を調べると、その言葉が建築から

きているなんてことがあります。

 

『うだつがあがらない』

 

会社などでなかなか出世できなかったり、

生活の質が向上しないような状態を意味する言葉です。

意味はわかっても、わからないのが「うだつ」

うだつは「卯建」や「梲」等と書きます。

画像は載せられないのですが、昔の町家などで

用いられていた防火壁目的の屋根の立ち上がり

のことをうだつというそうです。

裕福な商家などが装飾として競うように

立派なうだつを上げていたことから、

うだつがあがらない裕福ではない家というところから

『うだつがあがらない』という言葉ができたそうです。

 

『いの一番』

 

物事を行う際にまず始めに行うことをいの一番と

いいますが、これは建築の図面から来ています。

建築の図面には等間隔に番号と「いろはにほへと」

がふってあります。この番号と文字が実際の柱

等にもふってあり、どこで使用する材料なのかが

わかるようになっています。

この番号と文字の一番はじめの「1」と「い」が

ふってあるはしら「いの1番」を棟上げの際

まず始めに立てることから「いの1番」という

言葉が生まれたそうです。

 

他にも建築から生まれた言葉が

色々な言葉があるようなので

探して機会があればまとめたいと思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【熊本県熊本市で展開!ペンギンホーム】
今、全国で話題の新築ローコスト住宅専門店が
ついに、熊本県熊本市に上陸!新築ローコスト住宅専門店 ペンギンホーム
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
熊本市の方は、モデルハウス見学を随時予約受付中です!
熊本の皆さま、お待ちしております!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【イベント情報】
『新築を探しているけど、お金が…。』
という熊本の皆さまは、見るだけ!見学会へ是非一度ご参加下さい。
熊本県熊本市で新築モデルハウスが見学可能です。

建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。
是非、ペンギンホームの新築モデルハウスを一度ご覧ください!

 

 

予約特典あり!イベント予約