熊本市で新築・ローコスト住宅といえばペンギンホーム

イベント情報
モデルハウス見学会

壁の内側[熊本市で新築ローコスト住宅をご検討の皆様へ]

壁の内側20210708

こんにちは。ペンギンホーム工務の有田です。

 

カーテンレールや棚など

重いものを固定する場合、木造住宅では

壁のボードの裏に潜む下地に釘やビスを

打たなければなりません。

 

木造住宅の壁に使われているボードは

石膏ボードが主流で、この石膏ボードは

粉状の材料を成形したボードなので

釘やビスを留めることはできません。

 

石膏ボードとは?

→吉野石膏ホームページ:『せっこうとせっこうボード』

 

よって下地を探してそこを目掛けて

固定するのですが、一般の方が図面などを手掛かりに

下地を探すのは一苦労です。

 

そこで今回は画像も交えて

壁の内部がどのようになっているかについて解説していきます。

 

まず、物を取り付ける際に有効な下地とは

木造住宅の場合、柱などの木を指します。

事前に棚など取り付ける予定があれば、

工事中に指定の位置に木を入れておくことができますが、

そうでない場合は、木がある位置を図面や寸法から割り出して

そこに取り付ける必要があります。

 

壁の内部①20210706

 

壁は管柱と間柱に留まっています。

角の場合画像のようにボード下地を管柱に添えてそこにボードを留めています。

外部に面する壁には間の隙間に断熱材が入っていて、

内部の壁は空洞になっています。

この空洞で木が入っていないところに釘などを打ってしまうと、

ボードだけでは固定できず、落下してしまったり破損の原因になってしまいます。

 

こちらも併せて見ていただくとわかりやすいと思います。

→ブログ:下地を探せ

 

壁の内部④20210706

 

ビスなどを打ち込む際に注意したいのが、配線など

内部に埋設されているものの位置です。

画像場合、黒い四角がスイッチボックスで

最終的に室内の照明のスイッチが来ます。

そしてその配線が天井から降りてきています。

このような場合、しっかり下地のあるところを

狙っていれば配線に当たることはありませんが、

注意が必要です。

 

壁の内部④20210706

 

壁のボードは12.5mmあるので、取り付けるもの厚みプラス

12.5mm以上の長さがあるビスを使用しないと木まで到達できません。

付属されているビスを使用する際も注意が必要です。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【熊本県熊本市で展開!ペンギンホーム】
今、全国で話題の新築ローコスト住宅専門店が
ついに、熊本県熊本市に上陸!新築ローコスト住宅専門店 ペンギンホーム
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
熊本市の方は、モデルハウス見学を随時予約受付中です!
熊本の皆さま、お待ちしております!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【イベント情報】
『新築を探しているけど、お金が…。』
という熊本の皆さまは、見るだけ!見学会へ是非一度ご参加下さい。
熊本県熊本市で新築モデルハウスが見学可能です。

建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。
是非、ペンギンホームの新築モデルハウスを一度ご覧ください!

 

 

 

予約特典あり!イベント予約