イベント情報
 
モデルハウス見学会

ウマ目地イモ目地[熊本市で新築ローコスト住宅をご検討の皆様へ]

ウマ目地イモ目地

block_pattern

こんにちは。ペンギンホーム工務の有田です。

 

敷地の境界として多く見られるコンクリートブロックや

玄関の床ややキッチンの壁で見られるタイル等

これらには目地と呼ばれるものがあります。

 

目地とはタイルとタイル、ブロックとブロックの

間の継ぎ目のことを指します。

ブロックであれば積み上げる際の接着材部分が目地です。

目地は材料と材料の緩衝材の役割や、材料ごとのわずかな差を

目立ちにくくする役割があります。

 

この他にも、目地には意匠性としての役割もあり

目地の取り方によって見た目も大きく変わります。

そのなかで今回はイモ目地ウマ目地について解説します。

 

イモ目地

イモ目地20221011

シンプルな張り方で

上下左右の目地がまっすぐ通った目地を

イモ目地と言います。

イモの根のように規則正しい見た目から

イモ目地と呼ばれています。

 

ウマ目地

ウマ目地20221011

規則正しいイモ目地に対してウマ目地は、

一方の目地はまっすぐ通っており

もう一方の目地は半分ずらして張っています。

このように張ることで材料が交互になります。

この交互になっているところが、馬の足跡のように

見えるという所から、ウマ目地と呼ばれています。

 

同じ材料を用いても

張り方ひとつで印象が大きく変わります。

コンクリートブロックやタイル見る際は、

ぜひ目地にも注目してみてください。

 

 

0120-114-890
096-234-6085

予約特典あり!イベント予約