熊本市で新築・ローコスト住宅といえばペンギンホーム

イベント情報
モデルハウス見学会

いろいろな床材|2019年3月29日

 

こんにちは。ペンギンホーム工務の有田です。

フローリング20190329

室内のインテリアを決める上で以前ブログで触れた

・家具の大きさ

・壁紙(クロス)

はもちろん重要ですが、もうひとつ大きなところを占めるのは

床材

ではないでしょうか。

そこで今回は、床材について少し解説しようと思います!

 

床材と一口に言ってもいろいろありますが

今回はフローリングについて解説します。

 

 

フローリングとはざっくり言うと木質系の床材のことです。

フローリングも大きく分けると2種類あり

無垢フローリングと、複合フローリングがあります。

ペンギンホームで使用しているフローリングは複合フローリングにあたります。

 

複合フローリングも実は2種類あり

合板等に薄いシート状になった本物の木材を張ったものと

同じく合板等に木目をプリントしたシートを張ったものがあります。

フローリング表20190329

ここまで文章で種類をご説明しましたがよくわからいと

思います。笑 

簡単な表にするとこんな感じになります。

 

・無垢フローリングは、天然の木を

使用するので複合に比べて高価ですが

床材自体に調湿機能が期待できるのと、

経年で風合いの変化を楽しむことができます。

ただ、もちろん天然木ですので水に弱く

メンテナンスを怠ると腐ってしまいます。

また、それも経年による変化として楽しめるのであれば問題ありませんが傷に弱い為

小さな衝撃で傷がついてしまいます。

総じて扱いが難しいので、一般にあまり目にすることはありません。

 

・木質系複合フローリングは

無垢に比べて温度湿度の変化に強く

反り、伸縮が起こりにくいのが特徴です。

傷に対しても強く、安価な為多くの住宅で使用されています。

ノンワックスタイプや、消臭タイプなど

様々な効果が賦与されているものもあります。

表面は本物の木なので木目の風合いも楽しめます。

 

・シート系複合フローリングも

温度湿度の変化に強く、反り、伸縮が起こりにくく傷にも強いという

特徴を持っています。

シート系の場合、シートの表面に特殊なコーティングが施されている為

上記のような特徴があるのですが、

逆に言えば、強い衝撃などにより傷が入った場合は

そこからコーティング内部に水分が入ってしまったりして

劣化に繋がるので、ワックス等で再度コーティングしてあげる必要があります。

シートなのでデザインの幅が広く、パッと見では木質系と判断がつきにくいほど

木材の質感が再現されています。

このブログに貼っているフローリングの写真もシート系フローリングです!

 

今月オープンの城南モデルハウスでは

写真のシートフローリングを実際に見ていただくことができます。

実物を見てみたいという方はぜひお越しください!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【熊本県熊本市で展開!ペンギンホーム】
今、全国で話題の新築ローコスト住宅専門店が
ついに、熊本県熊本市に上陸!新築ローコスト住宅専門店 ペンギンホーム
建売、中古住宅、中古物件と同じ価格で新築が買える時代になりました!
熊本市の方は、モデルハウス見学を随時予約受付中です!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【イベント情報】
『新築を探しているけど、お金が…。』
という方は、見るだけ!見学会へ是非一度ご参加下さい。
熊本市で新築モデルハウスが見学可能です。

建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。
是非、ペンギンホームの新築モデルハウスを一度ご覧ください!

 

予約特典あり!イベント予約